• 車 売却のコツ

車を売却する方法|種類と手順、少しでも高く売るためのポイント

表示回数:19

車を売却する方法|種類と手順、少しでも高く売るためのポイント

急な転勤で車を売却することになった人や、車の買い替えで愛車を手放すことになったなど、車を売却する理由はさまざま。大切にしていた愛車を売却する訳ですから「少しでも高く売りたい」と考える人も多いのではないでしょうか。車を高く売りたいなら、売却する種類や方法に拘る必要があります。

しかし、間違った方法で車を売却している人が多く、中には10万円以上も損をしているケースがあります。今回は、車を少しでも高く売るためのポイントを含めて、売却方法や手順についても詳しく解説していきます。

車を売却する方法の種類

車を売却する方法には、いくつかの種類があります。ここでは、車を売却する基本的な3つの方法を紹介していきます。

個人売買

車を売却する簡単な方法は、友人や知人に直接車を売却する「個人売買」することです。最近では、業者を介さず個人間で車の売買ができる「フリマアプリ」や「ネットオークション」などを利用している人も多くいます。しかし、個人売買は手数料が無料のメリットがある反面、「名義変更をしてくれない」や「代金が支払われない」など、買い手とのトラブルが起こりやすいデメリットがあります。

個人売買は、自分で売却手続きをしなければならないため、ちょっとしたミスがトラブルにも繋がりますし、個人情報も第三者に知られてしまいます。そのため、車を初めて売却する人や個人情報を知られたくない人には、おすすめできる売却方法ではありません。個人売買を利用する際には、スムーズな取引を行うためにも、事前準備をしっかりすることが重要です。

下取り

下取りとは、車の買い替えと同時に、今まで乗っていた愛車をディーラーや中古車販売業者で売却することを言います。下取りのメリットは、購入と売却の手続きが同時に行えるので、時間や手間を掛けずに愛車が売却できることです。ただし、下取りは買取と違って、査定額があまり高くない可能性があるので、事前に中古車市場の相場を調べた上で売却額の交渉を行って下さい。

では、一体なぜ下取りの査定額が安いのか?例えば、ディーラーで新車を購入するとき、必ずと言って良いほど値引き交渉を行います。車両本体だけでは値引き額にも限界があるので、下取りの査定額で値引き額の調整をするディーラーがほとんどです。そのため、査定額は最低基準の相場価格から提示することが多く、査定額の交渉をしなければ、買い叩かれることがあります。

ディーラーは、新車の販売が主な仕事ですから、無謀な価格で車を引き取る必要がないため、必然的に下取りの査定額が安くなる訳です。車の買い替えで愛車を下取りに出す場合は、購入と下取りの価格交渉は別々で行うことがポイントです。

買取

買取とは、次車の購入に関係なく、買取業者に車だけを売却することを言います。一般的に買取は、下取りよりも高く売却できると言われていますが、その理由は流通相場と密接な関係にあるからです。下取りは、購入車の納車時期に合わせた査定額を提示するため、リアルタイムの相場よりも安い査定価格になります。

それに対して買取は、納車の時期などを考える必要がないので、最高額の相場で契約することができます。また、ガリバーなどの買取専門店では、現金に換金できる広い販路を持っているため、修復歴のある車や廃車になるような車であっても高価買取が狙えます。ただし、利益重視の買取専門店も存在するので、複数の買取店で相見積もりを行って買い叩きを防ぐ必要があります。

車を売却する手順

車を売却する場合は、手順や流れを把握しておく必要があります。車を売却する手順は、下記の流れに沿って行って下さい。

  1. 車の売却方法を決める
  2. 売買契約を結ぶ
  3. 車両の引き渡しを行う
  4. 入金を確認する

上記の各項目について、分かりやすく解説していきます。

Step1.車の売却方法を決める

車はどこで売却すればよいのか?大切な愛車を売却する訳ですから、少しでも高い金額で売却できる方法を検討しなければなりません。一般的には、ディーラーや買取専門業者などで売却しますが、個人間で車の売買を行う「個人売買」も一つの売却方法です。名義変更や代金の受け渡しを安全に行いたい人は、安心して取引が進められる専門業者で売却して下さい。

また、少しでも高い金額で愛車を売却したい人は、個人間で直接売買ができる個人売買がおすすめです。ただし、専門業者で売却する場合は、車の査定を行う必要があるので、売却するまでに手間と時間が掛かります。逆に個人売買は、簡単に売却できる反面、自分自身で契約から代金の回収を行う必要があるので、初心者や忙しい人には不向きな売却方法とも言えます。どの売却方法もメリット・デメリットが必ず存在するので、自分が利用しやすい方法を選択して下さい。

Step2.売買契約を結ぶ

車の売却方法が決まって、売却額にも納得できた場合は、次に売買契約を結びます。ここでの注意点は、個人売買で車を売却した場合は、自分で作らなければ契約書がありません。しかし、個人売買は売却後のトラブルが後を絶たないため、余程の理由がない限りは契約書の締結をオススメします。個人売買でよくあるトラブルは、「名義変更をしてくれない」「入金確認がとれない」「車引き渡し後の故障や修理費用のクレーム」などが挙げられます。このようなトラブルを未然に防ぐためにも、約束事や注意点を細かく契約書に記載して、双方が納得した上で売買契約を結んで下さい。

無事に売買契約が成立した後は、車の譲渡に必要な書類を用意して下さい。車の譲渡に必要な書類は、普通車(輸入車も含む)と軽自動車で異なります。

普通車を譲渡する場合

  • 売買契約書
  • 自動車検査証(車検証または検査証)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 譲渡証明書
  • 委任状
  • 実印
  • 印鑑登録証明書

軽自動車を譲渡する場合

  • 売買契約書
  • 自動車検査証(車検証または検査証)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 申請依頼書
  • 認印
  • 住民票

軽自動車の名義変更は、普通自動車で必要な譲渡証明書や委任状が不要です。また、全ての手続きが認印で済む(印鑑が不要の地域もある)ので、印鑑証明書も取得する必要がありません。

ただし、住民票だけは必要なので、管轄の市区町村役場で取得して下さい。必要書類を準備する上での注意点は、車検証の住所と現住所が異なる場合は、普通車でも住民票が必要になります。尚、車を購入してから「2回以上住所が変わっている場合」は、住民票ではなく「附票」が必要になるので注意して下さい。

車の名義変更のほかにも、自賠責保険証明書の名義変更も行うことをオススメします。自賠責保険証明書には、所有者の住所や名前などの個人的な情報が記載されています。ただし、自賠責保険証明書の名義変更はしなくても、法律上は大きな問題ではありません。個人情報漏洩が気になる人は、自賠責保険証明書に記載されている損害保険会社に連絡して、名義の変更を行って下さい。

任意保険に加入している人で、完全に車を売却する場合は、保険の解約手続きが必要です。保険の解約手続きは、加入している保険会社へ売却する旨を相談してから行って下さい。尚、一時的に車を手放すだけで、10年以内に自動車の購入予定がある場合は、解約ではなく「保険の一時中断」の手続きで、次回購入時に等級が引き継げます。

Step3.車両の引き渡しを行う

必要書類が用意できたら、次は車両の引き渡しを行います。中古車販売店や買取専門店などの業者で売却した場合は、必要書類と一緒に車両を渡すだけで完了です。

個人売買の場合も基本的には同じですが、洗車や車内の清掃を行うことで、買い手に好印象を与えることが可能ですし、自動車の状態を再確認することもできます。尚、車両の引き渡しを行う場所は、個人情報の観点からも自宅以外で行うことをおすすめします。

どの売却方法でも、純正部品やメンテナンスノートも必要書類とあわせて渡すようにして下さい。

Step4.入金を確認する

売却金額の支払いは、各店舗のタイミングによっても対応が異なりますが、車両引き渡し後「1週間以内」には指定口座に振り込まれます。入金確認ができた時点で、売却手続きが完了です。

個人売買の場合は、車両引き渡し時に現金で支払うのが一般的です。ただし、名義変更が完了するまで一部の代金を預かって、名義変更完了後に残金を受け取るケースもあります。個人売買の場合は、特に金銭トラブルが多いので、売買契約を交わす時点で支払い方法をしっかりと相談するようにして下さい。

車を少しでも高く売却するためのポイント

新しい車を購入するときには、車両本体価格のほかにも税金や登録料などの費用が請求されます。次車購入時に下取りがある場合は、下取りの売却額を購入資金に充てることもできます。次車を購入する際には、今まで乗っていた車を少しでも高く売却することで、安く買うことが可能になります。ここでは、愛車を少しでも高く売却できる5つのポイントについて紹介していきます。

整備記録の用意

中古車で重要なのは、その車がどのような使い方をされてきたのか?車検時の整備状況は?など、車両状態が一目で分かる書類の有無です。大切に乗られていた中古車であれば、過去の整備状態が把握できる「メンテナンスノート」が、必ず車載されているはずです。メンテナンスノートとは、新車購入時の保証書と点検整備記録簿のことで、法定点検を実施した証明として、点検整備記録簿に整備内容を細かく記載しなければなりません。メンテナンスノート(点検整備記録簿)の記載内容は、下記の通りです。

  • 整備実施者の氏名・住所
  • 整備工場の認証または指定番号
  • 自動車登録番号
  • 初年度登録年(年)
  • 車台番号
  • 法定点検時の走行距離(km)
  • 法定点検を実施した日付(年月日)
  • 整備完了日(年月日)
  • 点検項目(エンジンルーム/室内/足廻り/下廻り/外廻り)
  • 交換部品の記載

車にとって法定点検は、私たちが病院で人間ドックを受診するのと同じで、故障を未然に防ぐために必要な点検・整備です。一般的な普通車や軽自動車は、12ヵ月法定点検が29項目、車検時は60項目の点検・整備を実施するように法律で義務付けられています。中古車購入時に、メンテナンスノートを確認することで、車の状態を詳しく知ることができます。

メンテナンスノートを紛失した場合は、車の整備履歴を証明することができません。そのため、メンテナンスノートが無い中古車は、買取額が数万円以上の減額になることもあります。逆にメンテナンスノートが全て残っている中古車は、査定士の評価も高く、高価買取が狙いやすくなります。メンテナンスノートは、愛車を高く売るための大切な必須アイテムですから、査定時に提示するようにして下さい。

尚、メンテナンスノートを紛失した場合の対処法は、整備工場やディーラーなどにデータが残っていれば、再発行手続きができるかもしれません。しかし、元々メンテナンスノートがない車両や、保証の期間が切れている中古車の場合は、再発行ができない可能性もあるので注意して下さい。

買取相場の調査・把握

愛車の価値や買取相場を知らなければ、売却時に値段の交渉が行えず、高額な価格で売却することが不可能となってしまいます。

買取相場の調べ方には、一般的に4つの方法があります。

  • ディーラーなどが提供している「下取り参考シミュレーション」を利用する。
  • カーセンサーなどに掲載されている在庫の価格をチェックする。
  • カービューなどの一括査定サイトを利用して愛車の最高額を調べる。
  • カーセブンなどの中古車販売店が提供している無料査定を利用する。

1つ目は、クルマの下取り参考価格が確認できる「下取り参考シミュレーション」のサービスを使って、買取相場を調べる方法です。大手自動車メーカーが提供しているサービスで、簡単な車両情報を入力するだけで、下取り参考価格を知ることができます。トヨタが提供している「トヨタ下取り参考価格シミュレーション」の利用手順を紹介していきます。

  1. 相場が知りたい車の車検証を手元に用意する。
  2. トヨタ下取り参考価格シミュレーションのサイトを開く。
  3. メーカー・車種・年式を選択する。
  4. ボディタイプ・モデルを選択する。
  5. グレード・仕様を選択する。
  6. 下取り参考価格が表示される。

トヨタ下取り参考価格シミュレーション:https://toyota.jp/service/tradein/dc/top

トヨタ下取り参考価格シミュレーションは、査定で重要視される「走行距離」「事故歴の有無」「車両の状態」「純正オプションなどの装備品」「ボディカラー」などの入力ができないため、参考程度の価格が表示されます。ただし、ある程度の買取相場が把握できるので、忙しい人にはおすすめの調査方法です。

2つ目は、カーセンサーなどに掲載されている「中古車の販売価格」から買取相場を予測する方法です。この方法は、業界の人もよく使っていますが、販売価格から逆算して仕入価格を予測します。

例えば、100万円で販売している普通車の場合は、10万円~20万円の利益が上乗せされていると仮定して、「100万円-20万円=80万円」が原価となります。在庫をオークションで仕入れた場合は、この原価に落札手数料や陸送代などが含まれているので、更に10万円程度を引いた金額の「70万円」が買取相場と予想できます。尚、軽自動車の場合は、5万円~10万円程度の利益しか乗っていないので、予測する際には注意して下さい。中古車の販売価格から、仕入れ価格を予測することで、大まかな買取相場が把握できます。

カーセンサー:https://www.carsensor.net/usedcar/shashu/index.html

3つ目は、カービューなどの一括査定サイトを利用して、愛車の買取相場を調べる方法です。カービューの車買取では、最大10社の査定額が比較できるので、愛車の最高額を簡単に知ることができます。また、最短45秒程度で申し込みができるので、時間のない人でも気軽に利用できるのがメリットです。時短で買取相場を知りたい人は、カービューなどの一括査定を試して下さい。ただし、買取相場が高い業者を調べるにはよい方法ですが、業者からの電話が苦手な人にはおすすめできません。カービューの車買取については、下記の公式サイトをご確認下さい。

カービュー車買取:https://kaitori.carview.co.jp/?src=yahooautos_kaitori_glonavi_pc

4つ目は、カーセブンなどの中古車販売店が、提供している無料査定を利用する方法です。カーセブンのような大手中古車販売店でも、車の買取を積極的に行っています。先ほど紹介した一括査定は、複数業者に一括で査定依頼ができますが、複数社から一斉に営業電話が掛かってきます。この業者からの電話に抵抗がある人は、専門業者を1社に絞って査定依頼を出して下さい。カーセブンの車買取では、申し込みを行った車両情報を元にして、参考の買取相場を教えてくれます。申し込みも30秒程度で完結できるので、早く買取相場が知りたい人にはおすすめの方法です。カーセブンの車売却については、下記の公式サイトをご確認下さい。

カーセブン車売却:https://www.carseven.co.jp/sell

洗車や清掃

中古車買取において、車を少しでも高く売却するためのポイントは、「車を綺麗にする」ことです。基本的なことですが、車の査定を行うのはAIではなく「人」ですから、汚い車よりも綺麗な車の方が査定評価は高くなります。

ただし、擦りキズや凹みがある場合は、修理をしないでそのまま査定に臨んで下さい。修理をしてはいけない理由は、お金を掛けて直しても、修理費用以上のプラス査定にはならないからです。また、タッチペンなどで補修するのも、仕上がりが悪くなって査定評価が下がることがあります。キズや凹みはそのままで、車内清掃と外装の洗車を徹底的に行うことが高額査定を狙うコツです。

取り外した純正オプションパーツの用意

車が好きな人は、社外パーツや純正オプションパーツをたくさん装備しています。例えば、社外アルミホイールを購入した場合は、純正ホイールを自宅保管しているはずです。社外アルミホイールは、車検に通らなかったり、次の購入者が純正オプションパーツを好む人かもしれません。取り外した純正オプションパーツは、査定アップの大切なアイテムですから、紛失しないように大切に保管しておきましょう。

車検切れ前の売却

車検切れのタイミングで、車の売却を検討する人がたくさん居ます。その場合、「車検を受けてから売却するのが良いのか?」もしくは「車検切れの前に売却するのが良いのか?」判断に困りますよね。結論から言いますと、車検切れの前に売却することをおすすめします。車検切れの前に売却する理由は、例え車検を受けたとしても、査定額が車検費用を上回るほどアップしないからです。車検切れ前の愛車を売却する場合は、車検を受けずにそのまま査定に臨んで下さい。

車を高く売却するなら「MOTAダイレクト」にお任せ!

車をディーラーや買取業者で売却する際には、見積もりを見て頂くと分かりますが、「下取り費用」や「手続き代行費用」などの中間マージンが掛かります。中間マージンを節約するなら、個人売買で車を売却する方法もありますが、「名義変更をしてくれない」や「入金確認ができない」など、契約後のトラブルが後を絶ちません。

そこでオススメするのが、中間マージン無しで個人売買ができるサービス「MOTAダイレクト」です。MOTAダイレクトは、中間マージンを大幅に節約できるので、下取りや買取よりも愛車を高く売ることができます。また、無料で出品できる上、乗り続けながら売却先も探せるので、売り手としては非常に便利なシステムです。MOTAダイレクトは、納得が行く価格で車を売りたい人や、安心して個人売買をしたい人におすすめのサービスです。尚、MOTAダイレクトは、沖縄限定のサービスとなっているので、利用する際には注意して下さい。

MOTAダイレクト:https://direct.autoc-one.jp/