• 車 売却のコツ 中古車選び

車の乗り換えるタイミングは?主な条件と見極めのポイント、平均年数

表示回数:19

車の乗り換えるタイミングは?主な条件と見極めのポイント、平均年数

仕事の転勤や転職で急遽、車が必要になっている方いませんか。車は私生活を送る中で欠かせない重要な移動手段であり、車がなくては生活できない方も中にはいます。

他にも「車を買い替えしたいけど、買い替えするポイントがわからない」という方も多いでしょう。そこでこの記事では、車の乗り換えを見極めるポイントや乗り換えする平均年数について徹底解説します。車の乗り換えや中古車の乗り換えを検討している方は、ぜひチェックして参考にしてください。

車を乗り換えるおすすめのタイミング

クルマを乗り換えするおすすめのベストに近いタイミングが7つあります。

  • 車検の時期の前
  • 税率が上がる前
  • 車の新しいモデルが発売される前
  • メーカーの保証が無くなるとき
  • 修理費用が高額になってきたとき
  • ディーラーの決算期前やセールイベントの時期
  • ライフスタイルが変わるとき

それぞれの買い替え時のタイミングとその理由について詳しく解説します。

車検の時期の前

車検は新車登録から3年未満であれば「3年に1回」その後、5年目、7年目、9年目などの「2年に1回」のタイミングで必ず実施しなければいけません。車検には、まとまった費用が必要になります。特に9年目の車検時には、ブレーキパッドやタイヤ、タイミングベルトなどの交換が重なり、高額な車検費用が必要になる可能性が高いです。

クルマは消耗品のひとつです。使用経過年数が長くなるほど、交換部品も多くなり、結果的にメンテナンス費用や修理費用が割高になってしまいます。そのため、車検時期や車の納期情報に合わせて、買い替えの準備を進めていきましょう。

税率が上がる前

車には自動車税や重量税などの税金の支払いが発生します。車の所有者が負担する税額の中でも、特に自動車税は新規登録から一定の経過年数が経つと税率が増税する仕組みになっています。具体的には、ディーゼル車の場合、11年以上で15%、ガソリン車(普通車)は13年目で15%、軽自動車は13年目で20%加算されるデメリットがあります。

実際に13年目のタイミングは「6回目の車検」に当てはまり、今後の維持費を考慮して、車の買い替えに踏み切る方も中にはいます。

車の新しいモデルが発売される前

車はマイナーチェンジとフルモデルチェンジと呼ばれる「仕様の変更」を定期的に行います。具体的にマイナーチェンジは3年〜4年に1回、フルモデルチェンジは6年〜7年に1回のタイミングです。

どのような販売車でも、新モデルが発売されると、旧型モデルの売却額が下がる傾向があります。そのため、買取相場が高いタイミングで新しい車に乗り換えした方が結果的に総支払額が安くなるケースが高いです。

ディーラーや自動車メーカーから新型モデルやモデルチェンジの情報が紹介された場合、新しいモデルの車が発売される前のタイミングで買い替えを本格的に検討していきましょう。

メーカーの保証が無くなるとき

クルマのメーカー保証は「一般保証」と「特別保証」の2つに分けられます。具体的に「一般保証は新車登録から5年、特別保証は新車登録から3年目までとなっています。

メーカー保証が切れてしまうと、エンジンやトランスミッションなどに不具合が発生した場合、全ての修理費用を自己負担しなければいけません。急な出費が私生活に悪影響を与えます。そのため、メーカー保証が切れる前のタイミングで乗り換えを検討することも選択肢の1つになるでしょう。

修理費用が高額になってきたとき

自動車の修理費用が高額になったときは、買い替えのサインでもあります。高額な修理費用とは、エンジンのオーバーホールや電装系統の不具合などが挙げられます。

車の故障は、自分が想像している以上に高額な費用を修理業者に請求されやすい傾向があります。車の経年劣化が進む前に新しい車に買い替えることも選択肢の1つになるでしょう。

ディーラーの決算期前やセールイベントの時期

ディーラーでは、毎年決算時期になるとお得なセールイベントを開催します。特にディーラーの営業マンは決算時期前のタイミングで、乗り換えする確率が高いお客様に対して、来店を呼び込むため、お得な乗り換え時期を販売店側から教えてくれるでしょう。

車の購入検討者の中には、決算時期やセールイベントに合わせて車を購入する方も中にはいます。

ライフスタイルが変わるとき

ライフスタイルが変わるタイミングで新車購入を検討する方も中にはいます。

ライフスタイルの変化とは、転職や転勤、子どもの出産などが挙げられます。実際にライフスタイルの変更により、軽自動車から普通自動車、SUVから軽自動車に乗り換える方も大勢いるのも事実です。

カーライフの変化が急に発生する可能性もゼロではありません。急な転勤が決まった方やお子様を授かったタイミングなど、いついかなる時期でも対応できるよう、資金調達やローンの借入方法などを検討しておく必要もあります。

車を乗り換えるタイミングを見極めるポイント

車を乗り換えるタイミングを見極めるポイントが2つあります。

  • 走行距離
  • ローンの返済状況

それぞれのポイントを詳しく解説します。

走行距離

自動車の走行距離は「新しい車の買い替え」を判断する1つの指標になります。一般的には、走行距離が5万キロ以上10万キロ以下の間が買い替えする目安です。5万キロ〜10万キロのタイミングは、車のリセールバリューが最も高い状態であり、高額な査定価格が実現しやすい傾向があります。

仮に走行距離が10万kmを超えると、タイミングベルトやウォーターポンプ、オルタネーターなどの消耗部品の交換が必要になります。特にタイミングベルトやウォーターポンプの交換には、5万円以上の修理費用が発生するでしょう。

ローンの返済状況

ローンの残債分を売却額で返済できる場合は、乗り換えのタイミングの1つです。残債より売却額が高い場合は、見積もり査定額から残債分を差し引いて差額を受け取れます。

つまり、現状のローン残債確認と査定相場の車両価格を比較することで、おおよその金額を把握しやすくなります。ディーラーや中古車買取店舗で納得できる査定金額を提示されなかった場合、一括査定を利用して愛車を売却する方も中にはいます。

車を乗り換える平均年数

車乗り換えの平均的なタイミングは、およそ「7年〜8年」です。走行距離が10万キロ以内、7年目の車検のタイミングで買い替えする人も多いです。特に7年〜8年の場合、クルマの走行距離は、約7万キロ〜8万キロになる計算です。

一般的に車の年間走行距離は、1万キロが目安とされています。7年目以降は、故障や修理などでメンテナンス費用が高くなり、結果的に車の維持費が高額になりやすいでしょう。

一般財団法人自動車検査登録情報協会によれば、令和5年3月末の乗用車の平均車齢は9.22年とも言われています。平均車齢とは、車の初度登録月からの経過年数を意味します。つまり、多くの方は初年度登録から使用年数が9年目となるタイミングで乗り換える傾向が高いとも言えるでしょう。

【出典】「車種別の平均車齢推移表(令和5年)」(一般財団法人自動車検査登録情報協会)
https://www.airia.or.jp/publish/file/r5c6pv0000013g2r-att/02_sharei.pdf

車の買い替えに悩む方は「MOTAダイレクト」にまずは相談!

車の買い替え時期や中古車の個人売買を検討している方は「MOTAダイレクト」にまずはご相談ください。MOTAダイレクトは、中古車を中間マージン無しで個人売買できる便利なサービスです。今の車に乗りつつ、希望額で売れるまで買い手を待つことができるメリットもあります。

愛車の売却に後悔したくない方や個人売買を検討している方は、ご気軽にMOTAダイレクトにお問合せください。

https://direct.autoc-one.jp